スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 先週末の危機。

DSC_0108_20100316235250.jpg

こんばんまめ。でつ。
今日、ココネちゃんは、なんとドッグカフェバジルプラスさんにまめ。と行きました。
発病して以来初めてのバジルです
元気なココネちゃんの姿をどうしても見せにいきたかったので、念願叶ったという感じです。

こうして連れて行けること自体、実は奇跡のような感じだったのです。

先週の金曜日の深夜~月曜日まで、ココネちゃんは小康状態だったのです。
めったに出ていなかった癲癇が起きたのが、土曜日の深夜1時…。
突然身体は反り返り、泡を吹きました…
程なく落ちついたかと思いきや、旋回が始まり朝まで歩き続け、7時過ぎにようやく寝てくれました。

その日は、なんとか持ち直し、土曜日の実店舗の営業も無事に終わりました。
まめ。も前日あんまり寝ていなかったので、今日は寝たいなぁ~と思っていた矢先にまた旋回が始まりました。
さすがにココネちゃんも疲れているのでしょう。歩く力がありません。
今日は少し寝れるかな…
しかし、朝早く異臭で目覚めました。
ココネちゃん、下痢です。しかもとてもひどい。。。
ヨタヨタしながら、何度もトイレシーツの場所まで行き、何度も力み、最後は粘膜と鮮血がでます。
先週はほとんど夜中の旋回をしていて、加えてテンカンに度重なる痙攣、さらにとどめをさすように下痢。
ココネの体力は限界です。。。しかもごはんも食べない。。。

その状況をブリーダーさんに伝えたところ、駆けつけてくださいました。
駆けつけてくれた時のココネちゃんは覇気なくグタッと横たわっていました。
持ってきていただいたa/d缶を無理やり食べさせてみたものの、すぐに下痢。。。
とりあえず、抗生剤と消化酵素で様子見です。

そして、お店を休むことはできないので、憔悴しきったココネをスリングに入れ、開店準備。
その後、ココネのひどい下痢は収まり、一日が終わりました。
毎日寝不足で、さすがに眠いまめ。
しかし、ココネは寝かせてくれませんでした。

その日の深夜、また癲癇が起きました。
下痢で憔悴しきったココネに拍車を駆ける様に起こった癲癇は、そのあとすぐに足が硬直した状態となり
30分くらい続きました。
白目をむき始め、意識も飛んでいる感じで、耳元で呼べば、はっ…と気付いたように戻ってくる…の繰り返しでした。
もう覚悟をしなければならないときが来たのかもしれないと思いました。
ココネを抱っこしたまま、涙が止まりません。

しばらくして、ココネの硬直していた後足が少し曲がり始めました。
気がつけば、他の仔たちが、ココネの近くに身を寄せてました。
異変に気が付いていたのでしょう…。

もう駄目かもしれないと思っていたまめ。は、ちょっと意識が戻ってきていたココネにココネの大好きなものを
もし食べるんだったら食べさせてあげたいと思って、チーズを持ってきました。
すると、なんと食べようとするのです。。。
でも飲みこむ力がありません。。。

しばらくして、ココネの状態が少し回復してきました。
お水も口にしたので、抗生剤を飲ませました。
そして、深夜ではありましたが、朝から何も食べていなくて体力が落ちていたので、a/d缶の残りを少しつづちっちゃなスプーンで食べさせようとしたところ、パクっと食べたかと思うと…

もっとちょーだい…

みたいな表情。
結局、もうすぐ1缶なくなりますよーという位食べちゃいました。

そして、ココネはその日は、深く深く朝まで寝てくれました。

朝状態が悪ければ病院に行かなければ…と思っていたので
それも気になってまた寝不足なのはまめ。です。

そして、朝目覚めたら、
そこには首の皮をひっぱるココネが居ました。(いつもまめ。の首の皮を引っ張るので痛くて起きるのです…)
ですが、頭がフラフラふらついていて、かるい痙攣もあったので決して大丈夫という状況ではありませんでした。
その一方で、朝からごはんもしっかり食べ、お水も飲み、お薬も飲み、またココネは寝ました。

まだひどい下痢の後、一度もウンチしていなかったので、それも気になり、病院は午後から行くことに…。

すると、ほどなくして、ココネが目覚め、軽快に動き始めました。
ウンチ~
タール状の真黒なウンチでしたが、これは良くなっている証拠だそうです。ひと安心です。

ここ数日の癲癇と痙攣、下痢もあったので、午後から病院へ。
いつもの注射に加え、脳の興奮を抑え睡眠を促すらしいお薬を頂きました。
この注射はココネにとても合っているようで、ココネの状態が良くなります。

ココネの状態も安定してくれたので帰りに、前日にお願いしていたブツをすももさんちに取りに立ち寄りました。
ちょっとだけお家にお邪魔するつもりが、またまた長居してしまいました…
前日のココネの昏睡状態を知っていいただけに、びっくりしていました。

ここぞとばかりにココネの写真を撮っていただきました。
親ばか?犬バカかもしれませんが、めちゃくちゃかわゆいですぅ。

駆けつけてくれたブリーダーさん、ちょうど居合わせてくれていたヤン坊ママ、すももさん
本当にありがとうございました
こんなココネの姿を見ることができたのも、本当にいろんな方の協力があってのことです。

003_IMG_6623---コピー
009_IMG_6632---コピー
013_IMG_6637.jpg
030_IMG_6686.jpg


ココネの病気は先天性であるが故に、治ることはありません。
でも、今回のことでひとつ気付きました。

ココネは生きようとしていること。
テンカンやケイレン、旋回どれも見ていて、こんなに苦しむのなら楽にしてあげた方が…
と思うことも多々あります。
でも、それは人間の勝手な思い込みでココネは前に進むことしか考えていません。
どんなに辛くても苦しくても…生きようとしている以上、私たちはあきらめてはいけないと
改めて思い知らされました。

がんばるからね。ココちゃん。
ママにまかせときーーーーー

なかなかコメントにお返事が出来ずにスミマセン
皆様からのコメントはココとの闘病生活の力になっています。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますです

pochi.jpg
らんきんぐ 復活参加ちゅー。よろちくでち。
新たに、闘病生活カテゴリにも参加しました水頭症でも決してあきらめないのだぁ~
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村












スポンサーサイト
01:22 | まめ店ちょ便り
comment(1)     -
comments
(*゜ー゜)vオハヨ♪
こんな時間におはようございます(^○^)
ココちゃん、持ち直して本当に良かったです~~!
驚くほどの回復で写真を見た旦那もびっくりしてましたよ~
ココちゃんの生きようとする力、あんなに小さな体で
本当にすごいです・・・(;_;)
応援しか出来ないけど、頑張れ!ココちゃん、まめ。さん!
今日はお天気だから日向ぼっこしてるかな?
ρ('-'* ) 応援ポチ♪
2010/03/17 10:24 | | edit posted by すもも
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。