スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 結果はっ(;´Д`A ```

0811.jpg

おひさしゅぅございます
まめ。です
オンラインショップの方でバタバタしておりまして…放置状態でごめんなさい

まめ家のあやぱんファミリー(あやちゃん・ここちゃん・まいくん)は毎日エアコンがビシッと効いた
お部屋で元気ですよぉ
一方、まめ。はわんこの居るエアコンの効いたお部屋から、涼しい風のおすそわけを受けながら
工房で縫ってまふ…仕事は快適な環境で…と思っている割には…なんか変。

さて、その後のココネちゃんですが…
まずは。血液検査の結果から↓

アルブミン 1.6(正常2.3-3.6)
トランスアミナーゼ 225(正常123以下)
総コレステロール 63(正常84-287)
総タンパク 4.0(正常5.3-7.9)
アンモニア 197(正常86以下)

と、肝臓で作られなければならないものの値が全て正常範囲内ではない状態でした
慢性的な肝疾患としか思えません
食事療法で、500以上あったアンモニア濃度は下がっていたものの、やはり高い状態でしゅ…

ここで、要注意は…
アルブミンの低下…
ココちゃんは術後、このアルブミンが1.0以下になり、黄疸・腹水といった症状があらわれました。
そこで、先生から勧められたのが、やはり「ベジタブルサポート・Drプラス」
ちょっと前に楽天で買った「ベジタブルサポート」とはちーと成分が違っているようです
今度は「L/D缶」+「ベジタブルサポート・Drプラス」で1か月後また血液検査です。

今まで、「L/D缶」は缶詰でしたが、夏場悪くなるのも早いかな…と思って、粒はべらぼーに大きいし、食べないかもしれない可能性がとってもあった「L/D」ドッグフード、カリカリに変えてみましたぁ~
「L/D缶」も、もうちょっとちっちゃめ缶詰だといいのに…大きいのよね

すると、そんなまめ。の心配なんてよそに、デカ粒カリカリをバクバク食べてくれるんですぅ~ココネちゃん
本当に、なんでも美味しそうに食べる仔ですすばらしぃ~

6月にした「門脈体循環シャント」の手術では半分しかシャント血管を閉鎖できず閉腹しました。
本来ならば、術後の神経症状が現れなければ、予後はとても元気になるはずのものが、
術後からの低血糖・発熱・黄疸・腹水がたまるといった症状が続き、血液検査の結果も良かったり
悪かったりをくりかえしました。
その後、肝臓の機能が回復していけば、2度目の手術でシャント血管を完全閉鎖する予定でした。
しかし、8月に入り血液検査の状態も決して喜べる結果ではありませんでした。

先生とも相談した結果
2度目の手術はとりあえず見送り、内科的な治療で当分様子を見て行くことになりました。
今まで、完治して普通に成長していく姿が見たい一心で、出来る範囲でがんばってきた結果です。

まもなく1歳を迎えますが、
小さく・毛ぶきも悪く・歯もちゃんと生えてきていません
いつもでもパピーのまま止まっているようです。

でも、誰よりもやんちゃで元気
誰よりも甘えん坊でかわいい
このまま、少しでも長く一緒にいてくれたら…と思えるようになってきました。
そういう運命もありかな…と。

今日のお天気は台風でしたが、まめ家は太陽のようでした

pochi.jpg
らんきんぐ 復活参加ちゅー。よろちくでち。
闘病生活カテゴリにも参加しました難病でも決してあきらめないのだぁ~
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村










スポンサーサイト
00:02 | みらくるココネの闘病日記
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。